【男性用】メイクの前に大切な清潔感のチェック方法

メンズメイク

女装メイク師IMAです。

わたしはノンケと言われる男性へ、女装体験を提供しています。10代から80代のお客様が全国よりいらっしゃいます。

メンズメイクはしませんが、メイクの前にわたしがお客様に必ず行なっていることがあります。

これはメンズメイクにも必ず活かせることで、必要なことです。ぜひ参考にして下さい。

 

チェックポイントをお伝えします。

 

sponsored link

メイク前のチェックポイント

・顔に脂がないか

・顔にホコリなど付いていないか

・顔が汚れていないか

・目ヤニが付いていないか

・鼻毛、鼻くそがついていないか

・眉毛が繋がっていないか

・汚らしいヒゲが生えていないか

・口臭は大丈夫か

・歯は綺麗に磨かれているか

 

最後の2つはメイク提供の際にはチェックしません。(どうにもできないので)

その他の項目は、メイク提供の際に全て処理します。

「汚い!」と思われる部分も、処理します。でないとメイク後に美しい姿を演出することは不可能だからです。

 

いくらメイクがうまくとも、こうした清潔感の部分が抜けていてはマイナス120点!全てやり直しです。

清潔感は何よりも大切なことなので口酸っぱく伝えます。

 

さて、先ほど書いた部分は要は反対の処理をすれば良いということです。

今まで気にしたことなかった!という人は要注意。丁寧に処理方法を伝えます。

メイク前、日常でも行なって下さい。

 

清潔感を出すための処理方法

・顔に脂がないか

→あぶらとり紙というアイテムを使用します。

薄い紙のようなものを鼻周り、おでこに当てて油を吸い上げます。

少ない人で2〜3枚。多い人は5〜6枚使うことも!これは洗顔では落ち辛い油なのでしっかりあぶらとり紙を使って下さい。

 

・顔にホコリなど付いていないか

 

・顔が汚れていないか

 

→仕事帰りの人、顔をしっかり洗えていない人もいます。

洗顔、しっかりできてますか?

目に見えない汚れが残っている場合、メイクをする時に出てきます。

非常にもったいないのでしっかり洗顔してあげて下さい。

乾燥肌の人は優しい洗顔料で優しく洗って下さいね。

 

 

・目ヤニが付いていないか

→ 洗顔後、目ヤニやまつ毛が付いている場合、特に肌メイク後に発見した場合はもう洗顔ができません!

 

綿棒という耳に使うアイテムを使います。

目ヤニに合わせて回転させ、目周りのメイクが禿げないようにこそぎ取って下さい。

目周りは繊細で炎症もしやすいので指や爪で取るのは禁物です。

 

 

・鼻毛、鼻くそがついていないか

→ 鼻毛カッターというものはご存知でしょうか?

ハサミやピンセットもありますが、電動の鼻毛カッターがお勧めです。

全ての鼻毛を処理する必要はありません。

 

一時期、ゴッソという鼻毛ワックス脱毛が流行りました。粘着の粘土のようなものを鼻に入れ、一気に引っ張って鼻毛を抜き取るというものです。

 

しかし、全ての鼻毛を抜いた人は風邪になったという報告がありました。

 

鼻毛は本来、空気中の菌から私たちを守ってくれているのです。あまり処理し過ぎも良くないのです。

鼻毛カッターで手前部分だけカットして下さい。

 

鼻くそは目ヤニ同様、綿棒でお願いします。ティッシュは鼻下の皮膚を傷つけ、赤くしてしまう恐れがあります。

一度赤くなると戻るのが難しいのでご注意下さい。わたしの友達も花粉症でティッシュで鼻をかみ過ぎて鼻下が赤い人がいます。

 

・眉毛が繋がっていないか

→ 眉毛の形等はこの記事では触れません。

ただし、眉の間にご注目下さい。

繋がってませんか? 眉が繋がった女性画家は有名ですがメンズメイクで眉が繋がった人は流行っていません。そして現代では滑稽に見られます。

よって、眉毛の間をピンセットで抜くか眉毛シェーバーで沿って下さい。この時、カミソリは使わないで下さい。肌を傷つける恐れがあります。

 

 

・汚らしいヒゲが生えていないか

→ お洒落に揃えられたヒゲ、丁寧にメンテナンスされてるヒゲはむしろ好感度は高いです。

しかし、まだらに生えた髭や生やしっぱなしの髭、ツブツブと生えてるか生えてないか微妙なヒゲは好感度を下げます。

きちんと剃るなら剃る!生やすなら生やして整える!鉄則です。

メイク提供前に剃ってきてくださる人もたくさんおりますが、濃い人ほど生えるのが早く5〜6時間で生えてくるという人もおりました。

メイク前は必ず剃るようにして下さい。

どうしても生えるのが早い!という人でヒゲはいらないというひとは、脱毛をお勧めします。医療用やワックス脱毛がお勧めですよ♩

メイク師IMAが教える脱毛

 

・口臭は大丈夫か

→ こちら、メイクには関係ありませんが案外ご自身では気付きにくい部分です。

タバコを吸ってる人は要注意!また、ストレスを抱えている人も若くても口臭がキツイ場合があります。インドア派で太陽を浴びていない人にも多い気がします。

セルフで口臭チェックができる口臭チェッカーというものはご存知ですか?

わたしの友達が試してくれてタバコを吸っていた時はレベル5でしたが禁煙スタートしてレベル0になりました。

人と話す機会の多い人は特にお気をつけて!!

 

・歯は綺麗に磨かれているか

→ 歯の白さというよりも輝きが大事です。歯磨きがきちんとできている、歯医者に定期的に通っている、そうしたことだけでも差は出ます。

なにも真っ白!にしなくても良いんです。大事に磨いて、気をかけてあげる。わたしも真っ白!ではありませんが褒められます。

きちんと磨いてメンテナンス。歯磨きを1回サボると癖がつきます。

そうした部分もきちんとクリアできる人こそメイクする資格があると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

案外、こうしたケア方法を学べていない人は多い気がします。なぜなら、特に男性は清潔感やマナーを日常で口うるさく指導される経験が女性より少ないからです。(全員ではありません)

学ぶ機会が少ないので、男女の清潔感の意識の差は仕方ないのです。

 

しかし、近年男性のメイクが登場しました。

男性全体の美意識レベルは確実に底上げされます。

出遅れないためにも、まずはこうした箇所を徹底して身につけて下さい。

また、メイクまでしなくとも、こうした最低限の清潔感を守るだけでも出遅れ感は無くなります。

 

また、人間力や男性力もあがります。ぜひ参考までに。