メンズメイクのやり方『意識と顔分析』

メンズメイク

さぁ、メンズメイクにチャレンジするぞ。
『メンズメイク 方法』で検索・・・。

ちょっと待って!!!その前に、アナログですべきことがあります。

 

メイク初心者様に知っておいてほしいことを、百人以上の男性にメイクを施してきたメイク師IMAがお伝えします。

sponsored link

メイク前に絶対にすべきこと

・自己顔分析
・方向性の決定

この2つ、初心者の人は必ず忘れます。そしてメンズメイクの迷宮入りを果たすのです。
迷宮入りを果たした人は、時間とお金を無駄にします。

 

それも経験!?いえ。違います。

 

早く楽しく的確に。メンズメイクは学べるのです。

 

その方法は、わたしが全てこのサイトで記事にあげてますのでご覧下さい。

 

既存のメンズメイク情報に惑わされないで

さて、あなたは世の中に溢れているメンズメイク情報を鵜呑みにしていませんか?
眉毛はしっかり濃く書く。目元ははっきりさせるためにアイライナー。肌は均一に標準色・・・。

 

絶対にやめて下さい!

 

肌の色も、目元の雰囲気も、眉毛も全て人それぞれ異なります。
異なるのに同じメイクをしてしまっては、どこかに不都合が生じます。

 

例えば、眉毛がもともと濃いのにメンズメイク情報を鵜呑みにしてさらに濃くしてしまうとか。

例えば、目がくっきりしてるのにさらにアイライナーを引いて宝塚メイクみたいにしてしまうとか。

肌の色もかなり美白なのに標準色と聞いて通常よりかなり暗い色を使ってしまうとか。

 

まるでとれたての魚を新鮮なまま食べずに放置してから食べることと一緒です!(わかりにくい例えですみません・・・)

 

あなたには、あなたにしかない素敵な素材や男性らしい部分が必ずあります。

そこをまず、ご自身で見つけるのです。そのポイントをお伝えします。

 

自己顔分析ポイント

鏡を見て、思った通りにメモしてね。

 

・輪郭
→丸顔?縦長?卵?三角?

 

・肌の質
→ベタベタ?モチモチ?カサカサ?

 

・肌の色
→美白?地黒?日焼けした?黄色?

 

・肌トラブル
→ニキビ、クマ、シワ、たるみ、ニキビなど

 

・眉毛の量
→多め?普通?処理済みで少なめ?

 

・眉毛の形
→長め?短め?丸?四角?鋭角?

 

・目の大きさ
→大きい?小さい?普通?

 

・目の寄り具合
→寄ってる?離れてる?普通?

 

・目の瞼
→一重?二重?奥二重?片方だけ二重?

 

・鼻の大きさ
→大きい?小さい?普通?

 

・鼻の長さ
→長い?短い?普通?

 

・鼻と口の距離
→長い?短い?普通?

 

・口の大きさ
→大きい?小さい?普通?

 

・口の厚み
→厚い?薄い?

 

・口の色
→ピンク?赤?白?肌色?

 

これもほんの一部です。

 

さて、自己顔分析が完成しました。あなたは自分を分析して、どこが一番素敵だと感じましたか?どの部分が男性らしいと思えましたか?

その部分をメイクで伸ばしていきます。

 

そして、メイク後の自分を想像して下さい。

どんな姿になりたいのか。

そのためには、理想の男性を観察したりインプットする必要があります。

 

THE・昭和の男性なのか、中性的な平成男子なのか、人それぞれです。

ここでは、王道のナチュラルメンズメイクをお伝えします。

 

王道のナチュラルメンズメイクのポイント

 

・眉毛は自然に生やしている感
剃りすぎず隙間はない。細すぎず割としっかり生えている。余分な毛も少しある。間は繋がっていない。

 

・瞼はありのまま
二重なら二重。一重なら一重。片方だけ二重などでもそのままで良い。多くの人の顔は左右非対称。アンバランスが逆にナチュラルさを生み出すのだ。

 

・アイシャドウは肌に近い色
アイシャドウを塗ると一気に化粧感が出る。瞼の色がくすんでたりする場合のみ、肌色やバナナ色のアイシャドウを塗ってカバーしよう。ラメは禁物!!

 

・まつ毛は少ない、短い方が男性感は出やすい。間違ってもマツエクやビューラーなどはしない方が良い。ただし元々多くて目が痛い場合は論外。

 

・口は薄く横長タイプが男性感が出る。

カサカサではないがプルプルではないという中途半端にもふっくらしすぎない唇が男性として好感度も高い。

あまりにカサついていると不潔感が出るし、プルプルすぎると化粧っ気が出すぎる。

よって、しっとりやモチモチな唇が好ましい。

 

・肌はツヤなし顔の色にあったファンデーションを使う。塗ってる感を出さず、肌トラブルはカバーする。透明のルースパウダーがオススメ。

多少、脂感があっても良し。時にはワイルドな感じも演出すべし。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

王道のナチュラルメンズメイクとは、男性感を崩さずに演出することに力を注ぎます。

その男性像は昭和から引き継がれているもので、女装やLGBTが前に出てきている時代であっても王道として大多数の男性のことを指します。

 

ここで提唱するメンズメイクとは、そうした平成男子が忘れかけている昭和男児の男性らしさを指しています。

良いところを真似て平成の終わる2018年、新しいメンズメイクをどんどん打ち出しましょう!

メンズメイク